新薬開発のための治験

あなたは日常的に服用している薬がありますか?
「幼い頃から体が弱くて、風邪薬にいつもお世話になっている」
「少しでもストレスがかかるとお腹が痛くなるから、胃腸薬は手放せない」
などなど、多くの方が薬のある生活が当たり前となっているのではないでしょうか。
薬には副作用がありますが、安全性が確かで効果を感じられる、とても便利なものですよね。服用するだけで症状を緩和できるなんて、これほど優れたものはありません。
薬は薬局やドラッグストアに市販されていますが、それには厚生労働省の許可が必要です。許可する基準は、その薬の安全性と有効性が確かめられるデータがあるかどうか。つまり、薬を世に出回らせるためには、誰かしらが開発段階の薬を服用しなければならないのです。
それは関東や関西を中心に募集しており、「治験ボランティア」と呼ばれています。
高い報酬がもらえ、社会にも貢献できるとして、ここ最近注目を集めている仕事です。実際に治験ボランティアに参加した方の1人は、新薬開発のための治験ボランティアでした。
初めての参加ということで、緊張もMAXになっていたそうです。治験場所は地元の有名な病院で、既に動物で安全性は確認されている薬とのこと。
この方は初日に胃カメラをする予定だったのですが、どうしても体が受け付けず、あえなく断念しました。しかし、社会に貢献しようとしたとのことで、きちんと1日分の報酬を貰えたのです。
治験ボランティアは一見危険なイメージがありますが、実際にはとても安全なものだということがわかりますね。評判の良い人気サイト

新薬開発のための治験